読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2019中学受験☆高望み子育て七転び八転び?

新小学5年。いよいよ本格的受験生。怒らない母さんもそろそろ本気だそうかな。

心と体と頭の成長

雑感
実はここだけの話w
某ハイレベル私立に進学した友人の子が恐怖の肩叩きにあっています。

どの学校も私立には必ず付き物(憑き物?)の肩叩き。でも身近に聞くと他人事じゃない恐怖を覚えますよね。

もちろん受験時代は高偏差値叩き出していた優等生ですよ。

どうしてなんでしょうねー。
不思議でなりません。

ぜひ教育心理の専門家に伺いたいものですが、、ど素人希美母もど素人なりに図々しくも、ない知恵しぼって考えてみました。

もしかして、これって頭の成長スピードに心の成長が追いついてないのではないかしら?

えーーっ⁉︎あんな難しい国語の読解をこなす子に「あんたまだまだ未成熟なんじゃなーい?」などと恐怖の大王真っ青の大口叩いてすみません。

でもねなんかそんな気がするのです。

というのは、これと真逆なタイプ。

中堅校から突如目覚めて難関国立大学にスルリと受かるコスパの高い後伸び優等生っていますよね。

受験時代はたぶん平均偏差値55程度に甘んじてて、でも夢は大きく御三家ちょい下を目指してそれなりに頑張っていたけど残念だったようなイメージです。
(わかります?)

こういう子たちって無理してないし、心と頭のバランスがとれているから、15歳くらいでスイッチが入っちゃって突然ぐぐーっと伸びて行くように感じます。

12歳でリアル年齢より2,3歳早熟なら難関校でも問題なくスルスルと育って行くのでしょうけど、無理して学力だけ付けるとメッキが剥がれちゃうんでしょうかねー。

偉そうこと語っちゃいましたけど、もちろん母も人の子。希美に僅かでも希望があればお尻叩いて御三家の門を叩きたい。

でも子どもの心の成長を冷静に見据えるのも親の役目。ここは焦らず後伸びを信じて適正を見極めなきゃなーと。

以上のこと忘れずに明日も頑張ろう!