2019中学受験☆高望み子育て七転び八転び?

新小学5年。いよいよ本格的受験生。怒らない母さんもそろそろ本気だそうかな。

志望校選び

不真面目受験生だったのに、志望校はそれなりの学校を考えていました。

 

父の母校のミッションスクール。

場所もイメージも雰囲気もなんとなくいいから、というバカみたいな

志望理由です。

 

しかし合格点にはいつも遠く、夏休みには「たぶん無理だろうなー」と

過去問解きながら半ばあきらめ気分になっていました。

 

そんな折、父が母校の説明会に行き一言。

「うーん、昔の古き良き学校の雰囲気が完全になくなっているなぁ」

 

これは渡りに船!

たぶん娘の出来の悪さに助け舟を出してくれた親心だったのでしょうね。

 

でも当時の私はそんな優しい親心なんてこれっぽちも考えず、またまた

志望校選び。

 

あの頃は今と違って説明会なんて年に一度くらいしかなく、すでに説明会は

ほぼ終了していました。

 

だからと言って、真剣に志望校を探したわけでもなく、なんとなく、

「ここなら親が喜びそうだ」というキリスト教主義学校を安易に

選んでしまいました。そこは私の個性にはあまり合いそうもない学校

だったので余計情けない決断です。

 

なんでそんな理由で学校を選んだのか今もよくわかりませんが、とにかく

「親」を喜ばせたくて某中学を志望したのでした。

 

実はいつかやってくる娘の志望校選びの時に一番私が気になる事です。

 

「自分の好きな学校に行きなさい!」と言わなくちゃ。