2019中学受験☆高望み子育て七転び八転び?

新小学5年。いよいよ本格的受験生。怒らない母さんもそろそろ本気だそうかな。

進度より深度

組分け、復習、マンスリーというまとめテストが毎月ないのがせめてもの救い。

 

あまりの目まぐるしさにロディオ馬から振り落とされつつ必死に尻尾をつかんでるあんちゃんみたいな母娘のぼやきです。

 

約数倍数、ロクに基礎固めも出来てないのに難問山積みで雪崩にうまっております。

 

母は比喩力ばかり上がってて悲しい。笑。

 

さて、希美はくるくる頭の廻る才媛ではないコツコツ型です。

 

ここで前のめりにドンドン先へ進んでも付け焼き刃の知識は後で剥がれるわけだから、腹を括って…

 

「進度より深度!」

 

倍数応用問題は数問だけをじっくり考えさせていくことにしました。

 

ノートに自分の思考回路を丁寧に書かせて提出しました。

 

もちろん褒められましたよ。

低位生徒ですからね。考え過ぎて結局間違えもあり。

仕方ありません。

 

面倒なこともいとわないのが嬉しい母です。

 

がんばれ希美。

表彰状2枚目

低位コースで唯一うれしいことが表彰状。

 

申し訳ないけど連続して2枚目頂戴しましたー(*^_^*)

 

コース上がるともらえなくなるだろうからとりあえず素直に喜んでます。

 

ここだけの話、低位コースには(もちろんごく数人ですが)たまに授業放棄的な子もいるらしいです。もちろん先生激怒。当たり前ですよ。他の子の士気に関わるもん。

 

いろいろイラつくこともあるんだろうけど、希美には信じられないみたい。

 

そんなこともモチベになったのかな。

 

春期講習からの中位コースが楽しみです。

 

貿易摩擦

地理というより社会の総本山、貿易問題。

 

関税、為替、産業構造が有機的に理解できないと単なるメッキ丸暗記で終わりそうです。

 

それにしてもまだ一応4年生にこんな難しい課題を与えるサピックス。脱帽です。

 

確かに、ご三家や渋渋あたりは最先端時事問題山盛りですけどね。

 

いやはや本当に難しい。

 

山とか川とか暗記してた頃が懐かしい。

 

ま、この峠を越えればまたまた地理に戻れるわけですけどね。

 

それにしても厳しいー。

 

今日のデイチェも80点取れるかどうか。

仲良しライバル

組分けテスト?なにそれ?食えるの?な朝ですが、希美は楽しく登校していきました。

 

まずは元気が一番!

(母バテ気味胃薬飲みつつ)

 

仲良し同級生ちゃんがαステイちゃんなのでライバルにもならずそれはそれで気楽に仲良くできていいなーと思ってたら、、

 

なんと3月から同級生がもう一人、なんと同じクラスに入って来たそうです。

 

塾なしですから下位スタート当たり前ですが、いきなり社会のデイチェで95点!

 

飛ばしてくるなー╰(*´︶`*)╯

 

そこはお母様があまり乗る気じゃなく娘ちゃんが「受験したい!」と強く望んでいるらしくだからこその成果なのですね。

 

同じ社会のデイチェで希美は75点。

輸出入の難しい問題なので仕方ない結果だけど、、

 

「ひろちゃんには負けないぞ!」と

頼もしいセリフ。

 

うんうん。

良きライバル同士切磋琢磨してがんばろうね!

 

ひろちゃんは歯医者さんになりたいという目標もあるからね。

 

さて。

 

昨日の組分けは二人の明暗を分かるのかなあ。

 

 

迂闊だった…

算数デイリーチェックがほぼ9割ゲッターなので油断してました。

 

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

ケイコン。

 

なんか毎回ずっこけてるんだなあ。

 

でもって特にチェックせずに復習させてたら、よく見るとこれって超絶重要じゃないすか!

 

えええー。

 

確かにさーあんな大量の計算を時間内で終えるなんてソロバン選手じゃなきゃ無理だなー。

 

なんて油断してましたよ。

 

ちゃんと解き方書いてるじゃん。

 

計算のコツは身につけてね〜💕from サピ

 

というドリルだったのね。

 

第三回で気がついて慌ててやらせてますよ。

 

難関校なら算数のベースは暗記とコツ必須なのよね。そういうお子さんを学校も求めてるわけで。

 

愚直なお子さんは普通の学校でコツコツやり続けてください。またどこかでお会いできる日を…、てな感じ?

 

やばやばやば。

 

とにかく見た瞬間に答えが脊椎反射できるくらいにせねばー。

 

倍数やってる場合じゃない。

理系文系?

泣いても笑ってもSAPIXは週3回やってきます。

 

寒い朝ですね。

雪にならないのがせめてもの救い。

 

さてリケジョ流行りの昨今。

理系文系ってなんなのかしら。

 

希美母は、高校時代理系クラスでしたけど、数学の壁を越えられず(行きたい専攻は数学必須)残念ながら社会科学系でした。

 

だからなんとなく理系コンプ。

 

だからといって文系!というほど国語も古文もできず、じゃああんたは何者?

なわけですが…。

 

ま、母のことはどうでもよくて。

 

希美。

 

毎度毎度の親の欲目ですが、理科の暗記力はなかなかすごい。(当社比)

 

物質三態も水溶液もわりとすんなり記憶に入ってる。

 

あくまで当社比ですよ。

サピ偏差値50レベルですからね。。

 

反面生物系はちと厳しい。

虫とか花とかほとんど関心なし。

 

ま、いいんですけどね。

 

こんな程度ですが、物理化学は好きそうなので、もしかしてリケジョなのかなー。

 

間違いなく国文科には進まないと思いますが。笑。

 

本日は理社の日なのでスキップしながら登校して行きました。

ころぶなよ。

 

ここだけの話

ここだけの話をさせてください。 

 

親バカです。

 

希美、とにかく必死に宿題をこなしています。

 

今日は久しぶりに予定ゼロの日曜日。

 

昨晩の内にやることを全てファイルにまとめておいたら、ひとつひとつこなしてました。

 

もちろん全部は無理ですが、月曜日の算数と水曜日の理科社会は全部できました。

 

しかも算数は間違えたら正解するまで何度もやり直してます。

 

なんだかスイッチ入ったのかな。

 

でもまだまだ新小5スタートしたばかりです。

 

息切れしたら元も子もありません。

 

算数好きはいいけど、とにかくやり過ぎず、満遍なく、穴を作らずコツコツが大切。

 

まずは低位クラスから中位クラスへのコースアップを目指しましょう。